豊かな生活を送りためにロールモデルを見つけてまねをする

豊かな生活とそうではない生活、どちらがお好みですか?

よほどのことがない限り、豊かな生活を送りたいと思うのが人の常ではないでしょうか。

人はだれでも幸福で満ち足りた生活を送りたいと思っています。

そして、幸せの基準というのは人それぞれにありますので、私の幸せが他の誰かにとっても幸せとは限りません。

甘いものが嫌いな人の目の前に、有名パティシエが作った渾身のケーキがあったとしても、幸福ではないでしょう。

最近では特に、お金 をたくさん儲けることが幸福であると言わんばかりにお金儲けに関する情報、節約する情報などが溢れています。

もちろんそれも悪くはないのですが、それは幸せで豊かな生活の一部分であるに過ぎません。

そんなことは私に言われなくてもわかっていることと思いますが、ついついそちらに流されている人って、意外と多いように見受けられます。

自分の幸福で豊かな生活の基準を明確にすることが第一歩

幸福で豊かな生活とは、多くの基準があると書きました。

でも、自分にとってなにが幸福であり、どういう生活が豊かな生活なのかというのを言語化するのはなかなか難しいことです。

人は自分のことほど無頓着であることが多いです。

医者の不養生 なんて言葉もあるように、他人のことはあれもこれも目につくし、指摘もできるのですが、自分に似合うネクタイがどういうものかわからないということもあるでしょう。

店員さんに選んでもらった方がよほどハイセンスで、自分に似合っていたなんてことも多く経験するところだと思います。

まずは自分がどういうことに幸福感を感じるのか、どういうものが好みで、どんな時間を豊かであると感じるのかというのを言語化してみるというのが効果的です。

明確に言葉にできるくらい掘り下げて自分の内側と向き合ってみることが、自分探しの第一歩であり、最重要なことだと実感しています。

自分のロールモデルを見つけてまねをしてみるのも効果的

SNSでもリアルでもいいので、この人の生き方や考え方の基準は私の理想に近いなと思える人を見つけてまねをしてみるというのも効果的です。

近くにそういう人がいない場合は、最近だとSNSでもたくさんの多様な生き方に触れられます。

フォローしてみてその人の投稿とか、書いているブログやエッセイなどを読んでみると、どういうところに共感できたのかというのが明確にしやすいです。

もし、この人がいいと思っていても、残念な一面を見てしまったり、実際にはちょっと違う考えを持っていた場合はフォローを解除したらいいと思います。

自分のフォローしているひとを、自分の好きな人でいっぱいにしてみましょう。

そしてその人たちの考え方や感性のシャワーを浴びてみるつもりで読みあさっていきます。

そうすれば、自然とそういう感性や考え方に近づいていくのです。不思議ですけどそういうものです。

興味や幸福の基準は時代の流れとともに変化して当然だと知る

私は一時期、ブログで収益を得ることにこだわっていた時期があります。

お金がたくさんあることが豊かな人生であると思っていたからです。

でも今は、お金というのは幸福や豊かな生活を得るための考え方(選択肢)のほんの一つに過ぎないということを知りました。

その時にはSNSでフォローしていた人というのは、どうすればブログで多くのアクセスや収益を得られるのかというノウハウを発信している人たちでした。

当然、自分の目的通りの情報を発信していたので当時は苦痛でもなんでもなかったのですが、価値観の変化とともにノイズとして受け取るようになり、SNSをみるのが苦痛になりました。

今ではそういったノイズを排除して、快適に自分にとっての豊かな生活を模索するために利用しています。

考え方というのは、その時々で変化するものなので、いつでも方向修正していいものです。

ロールモデルをみつけてまねをすると、その人たちの考え方や生き方に寄っていくと同時に、自分にとっての豊かさの基準が明確になっていくので、逆にこういう考えは共感できないと感じれば、フォロー解除して見えないようにしていくことが必要ですね。

豊かな生き方を手に入れたければその方法を模索してみるのも必要なこと

勝手に幸福や豊かな人生が訪れる人もいないわけではないでしょう。

でも、今の生活を豊かであると感じられないのであれば、望むような生き方ができるようにちょっと工夫したり、立ち止まって考えてみる必要性があります。

方法は人それぞれですが、私の場合は近くにロールモデルとなる人物を見つけて徹底的にまねをしたり、その人の素敵なところを言語化してみるということをしています。

もちろん、近くにそういう人がいなければSNSでも書籍でもなんでもいいので、自分に合った方法で探してみるのがいいでしょう。

人は幸せで豊かな人生を生きたいと思っていながら、それを得る努力をしたり、方法を模索するということを驚くほど意識していません。

生き方を模索するなんて、ちょっと哲学的な難しいことだと感じるかもしれませんが、この生きにくい人生を豊かに生きていくためには、まさにそういう考え方が必要なのではないでしょうか。

コメント