どうしてもやり遂げたいことがあるなら優先順位を1位にもってくる

よく「〇〇がやりたい」と言いつつもなかなか始められなかったり、うまく継続できなかったりする人がいます。

それはおそらく、やりたいことがありつつも他のことに時間を使っているからということが多いです。

当然ですが、時間は有限ですので、あれもこれもやりたいとなると時間が足りなくなるのは当たり前です。

なので、やりたいことに優先順位をつけることが必要になってきます。

その中でも一番やりたいことは優先順位も1位にセットすべきです。

誰しもが無意識にやっている”優先順位をつける”ということ

たとえば、どうしても明日までに仕上げなければならない仕事とか、子どもの参観日の予定など、絶対にやらないといけないことが期限つきである場合、なりふり構わずそこに照準をあわせて予定をセットするはずです。

ただでさえ時間がないにもかかわらず、SNSをチェックして、ゆっくりテレビを見て、スマホでゲームして、キリがいいところで仕事に着手するということを選ぶ人はほとんどいませんよね。

そんなことをしていたら、できる仕事もできません。

つまり、誰もが無意識にやっていることなんですよね。

期限がないことはついつい後回しにしてしまう

たとえば、私の場合だと毎日ブログを書くとか、毎日ヨガをするということを目標に掲げたとします。

これは、別に期限があることでもないですし、実際には1日くらいヨガの練習を休んだり、ブログを更新しなくても翌日に影響はほとんどありません。

なので、ついつい楽で楽しいSNSやゲームなどに優先順位をとられてしまいます。

でも、成し遂げたいと思うならこれらの優先順位を高めにセットする必要があります。

テレビやネットで時間を使っている場合ではありません。

まず、やり遂げたいことを何がなんでもやり遂げると決め、優先順位を1位に決めます。

それを邪魔するものは完全にシャットアウトしてしまうくらいの気持ちで計画を立てます。

こうしなければ、時間を奪われてしまい、成し遂げることはできないでしょう。

テレビや動画などは特に時間を奪われる

どうしても画面の前にいて注視していなければいけないコンテンツ、テレビ番組やネット動画などは、それ以外のことが全くできません。

なので、まずはこれらを排除していく必要があります。

最近では金曜日の映画のテレビ番組に子どもたちが興味を強く持っているようで、決まって夜更かしをしています。

これも家族で共通の話題を保つための時間であり、子どもたちも毎日規則正しい生活をしてるので、週末くらいはダラダラさせてあげようと許可しています。

でも、こうなると完全に放置して自分のことをやるということもできず、ついつい一緒に観てしまいますので、時間を2時間以上は奪われます。

そういう日は、予定していたことは完全にはできません。

私の場合は、ヨガのプラクティスをショートバージョンに組み直し、最終的には睡眠時間を削ってブログを書きます。

それ以上のことはできませんので、就寝するという流れです。

優先順位を1位にすると強い意思で決めることが最重要

これが、遠方への旅行を計画していて、早朝から長時間の自動車の高速道路走行を予定しているとなるとどうでしょう。

あるいは、いつものように朝早くからヨガをやるとか、イレギュラーな早朝のタスクがあるとなるとどうでしょう。

残念ですが子どもたちにも事情を話して夜更かしを中止してもらうなど、なにかしらの手段をやや強引であったとしても考えると思います。

要は、自分は本当にやりたいことの優先順位を1位にするために、どれほど強い意思を発揮できるかということに尽きると思います。

なんとなく続けたい、始めたいというだけでは、他の用事や楽しいことに優先順位を奪われてしまいがちです。

体調管理の面からも、睡眠時間を削るというのはお勧めできません。

となると、やりたいことの優先順位をつけて、一番やりたいことを1位にセットする。

そして、優先順位が下位になってしまったものは、残念ながらあきらめる。

それくらい割り切ってしまうことも必要かもしれません。

コメント