意見を押し付けるのではなくて気づきのきっかけをさりげなくトスしてあげられる人でありたい

SNSなどでよく強烈に意見を放っている人をみかけますが、私はちょっと苦手です。

人によっては、キッパリと意見を言い切ってくれた方がいいという人もいるかと思いますが、私は自分の中にある程度の選択肢を用意して、自分で選べるようにした方がお互いに成長が見込めると思っています。

なので、選択肢の一つをさりげなくパスしてくれるくらいのほうが、自分の中での試行錯誤を助けてくれる気がして嬉しいです。

やはり自分のなりたい人やメンターのような存在を追いかけていたいと思うと、圧が強い人よりもそういった さりげなくパスを出せるタイプの人 を選んでいます。

意見を言い放つ圧力がちょっと苦手

いざという時に頼りになる存在の代表格が、リーダーシップを発揮してテキパキと目の前の課題を処理していくタイプです。

ちょっと捉え方を間違えると「我が道を行く」というふうに捉えられ、ネガティブな印象をもたれてしまうかもしれませんが、ここぞという時にはやはり頼りになります。

ただ、そうではないシチュエーションのときは常に圧力を感じてしまうので、私は性格的にはちょっと苦手です。

リアルの世界だけではなく、SNSでもフォロワーがたくさんいるような、いわゆるインフルエンサーのような人たちというのは、投稿をみているとかなり自己主張の強い人が多く、それに対して「おっしゃるとおりです」「激しく同意します」「一生ついていきます」のようなリプライが飛び交っています。

このやりとりそのものに対して私は苦手意識を持っていて、私はこのような形ではない方法での関わりを理想としています。

自分で試行錯誤するなかで成長が最大化される

盲目的にインフルエンサーやメンターの意見を鵜呑みにして、思考停止になってしまうというのは、あまりその人の成長になりません。

いくらものすごく的を得た正論を提示されて、それを自分の意思で選んだとしてもです。

世の中のほとんどのことには正解なんてありません。

よりベターな選択肢が存在して、しかもそれは人によって選択が異なり、人々はそれを自分の中の考えや経験と照らし合わせて選んでいるに過ぎないのだと感じています。

ビュッフェスタイルの立食パーティーに行ったとして、「これこそ思考の盛り付けだ」となれば、みんなそれと同じメニューが盛り付けられた皿を手に持っている状態になると言い換えるとわかりやすいでしょうか。

現実にはそんな状態はあり得ませんよね。

みんな、多くの選択肢のなかから今の自分にとって一番ベターな選択をした結果が、オリジナルの自分の皿ということになるはずです。

他人の意見に右往左往しているだけというのは、思考停止の状態であり、自分で選んで自分だけのオリジナルのお皿を盛り付けたということにはならないでしょう。

選択肢の一つとしての自分の意思を提示して議論したい

先ほどからビュッフェを例えとして提示していますが、私はその場の食事のメニューを増やしたいという気持ちです。

そして選ぶ人が選択する思考の過程をブラッシュアップして、より充実したお皿になるようにしてあげたいです。

飲み物だって、5種類しかない状態と50種類が選べる状態であれば、より選ぶ人は考えて悩むと思います。

考えた結果、いつもの飲み慣れたものを選ぶのもいいでしょう。

いつもと違う飲み物を選ぶとすれば、なぜそれを選ぼうと思ったのか、自問自答してみるのも面白いかもしれません。

いくら上司に「これが最高だよ」と言われたとしても、それを鵜呑みにしてしまうというのはやはりどうかと思います。

そこに自分の意思が反映されてこその楽しい場になるのではないかなと。

なので私はそういった情報発信を心がけたいと思っていますし、そういったことができる人に囲まれていたいと思っています。

きっと、その方が自分の成長が見込まれて、他のシチュエーションでも自分の意思決定力が高まり、結果的に豊かな生活につながるのではないかと感じているからです。

もちろん、この私の意見ですらただの選択肢の一つに過ぎず、結局はメンターやインフルエンサーの意見に同意するという道を選ぶ人もいるでしょう。

それも選択です。

選択肢のなかから「メンターに同意する」という選択肢を選んだというのであればそれは選択です。

いずれにしても盲信するのたけは避けたいですね。

豊かな生活を手に入れる力を高める選択をしたい

結局は、このブログでは何度かお示ししているように豊かさの基準はひとそれぞれ、それこそ人の数だけ存在しています。

つまり、自分にとっての豊かさを最大限に手に入れたいと思えば、数ある選択肢のなかから選びとる力が必要になります。

ブログで閲覧数や収益を高める方法を発信している人を一通りフォローしていて、その人たちの言うことを盲信していると、そのジャンルであればある程度の成功への近道を手に入れられるかもしれません。

でも子育てで悩んだり、会社での人付き合いで苦しんだりしているときにはその考えは役に立たないことが想定されます。

どんな場面でも豊かさや幸福を最大化するための 思考する力選択する力 を得るために、盲信するのはいったんお休みにして、自分なりの最高の一皿を手に入れる力を養ってみませんか。

コメント